自分に合う草

雑草とも言われる露草。

育てていると、それこそわーっとどんどん四方へ上へと領地を広げようとします。

あまり広がりすぎないように、布袋に入れて育てていますが、茎を伸ばして伸ばした先から根を出して、とにかくどんどん外へ外へと広がっていきます。

庭に映えると始末に困る草なのかもしれません。たくましくて、丸坊主にしてもすぐに伸びてきます。

今日はもうどんどん広がりすぎるので、花がついている茎をちょんちょんちょんと切って生けました。勝手に伸び放題にしたので、まが空いていて生けにくいですが、こちらも適当にコップに差し込んで。ばらばらでこんなにバラバラでフフ。と思いますがいいのです。自分で育てた花を生けるのは、意外と嬉しいものだなと思いました。自分で育てる花をいける喜びみたいなものってあるんだなあと、これはやってみないとわからないものだなと思いました。

こんなふうに、適当で手がかからなくて、乱暴に扱ってもどんどん伸びてくるような、雑草としても生きていけるような植物が私にはきっと合っているのだろうなと思います。