堕落した休日再び

休日。

またしつこくピクミンどうぶつの森どうぶつの森はもう、これ以上どうしたらいいのかわからない状態でほったらかしにしていたら(一応毎日起動はしている)、花が増えすぎて地面が見えなくなってしまいました。2日ぐらい一生懸命花を掘り起こしてはたぬきに押し付けていました。家でも片付け(不用品の処分)、ゲームでも片付け。

ワイルド・スピードアイスブレイクを放送していたので「あーこの映画、アクションがすきなのよねー。」と思い録画していたものを横目で見ながらピクミン。あれもパズルアクションではあるけれど、片付けとも言えるゲーム。また片付け。

ワイルド・スピード、あれ、ストーリーにまったく興味がなくて(見ても面白くない)、アクションが面白いので見ている。なので、毎回新鮮な気持ちで見ることができる。ほう、こんな話だっけ?という気持ち。

土曜日に放送している名探偵ポワロも録画している。明るく楽しい気配の短編がとっくに終わり、暗く、悲しい長編シリーズに突入している。今週はオリエント急行。ほんとに暗い。そして悲しい。最後にポワロも罪を背負うことに。苦しげで悲しげなポワロ・・・。助けてモナミ。

というのを眺めつつ、やっぱり途中でピクミン

同じくテレビで。激レアさんを久しぶりに見る。一日六時間十時間練習でピアノをひけるようになった海苔漁師の話を見る。稽古の大切さを思う。

やはり稽古が足りないのだ・・・。と思うが、とにかく腕が一時間以上練習していると上がらなくなる。そして基本的に乗り漁師さんと違って時間が無いんですよ。

海苔漁師さんは一日6時間ぐらいパチンコをしていた時間を稽古に全振りしていた・・・。

とはいえ、やはり一時間では稽古が足りないのは本当。

いや、毎日一時間できるかどうか。やっぱり時間が取れないんですよね。音が出るし。防音室がほしい。

 

嫌々ながら

嫌々ながら、自分の演奏録音を編集。

毎回苦痛。

自分の下手くそな演奏をでも、聞かないと確実に下手になり続けるので、毎日聞くために編集。大変な苦痛。特に自分の声。どうにかならないのか。

なので、録音をしたあと、数日間寝かせる。聞く勇気を奮い起こすための時間である。

お手本に成るような目指すべき演奏を聞くのも必要。しかし、自分のヘボい演奏を聞くのも必要。それもじっくり聞かなければならない。しかしながら、聞きすぎると目指すべき音がわからなくなる・・・という。

と言ってないで、編集をする。非常に苦痛。

毎度のこと

今日、何度目かの「夕焼小焼の赤とんぼ」の歌の「お里の便りも絶え果てた」は子供心に寂しく「そうですか・・・。って感じだった。」という話をした。

今日その話になった理由は、鈴虫が鳴いているという話から。

我が家で飼っている鈴虫はもらったもの。その鈴虫が鳴いているので「今日も元気に鳴いてるね」という話から、「親(くれた人)から「元気にしてますか」って電話が来た。」という話になり、「さすが里だね。」「お里の便りはまだあるのか。」という話になり、上記の「赤とんぼの歌は寂しく、子供心には少し怖い」という話になったのだ。途中から毎回のコース。毎度のことで姉やの行く末に思いを馳せる。

昨日、久しぶりに出かけることに。

本当に久しぶりに着た夏用のワンピース。ぴったり気味のワンピース。着てみて全身鏡を見ると、確実に太っている。うん。太ったな。

ダイエットを・・・と一瞬思ったが、私は食べないダイエットしかしたことがないので、すぐさま断念。今後食べないダイエットができるとは思えない。食べる量は奔放になり続け、前なら考えられないようなおやつを自由に食べている。仕事中ももう、お腹が空くと、仕事にならないので、普通に気兼ねなくおやつを食べている。そうでないともうフラフラして仕事ができないのだ。もうこの体で生きていくことを決意。

数年前、病気になったときは激ヤセしていたので、その頃のイメージが頭に少し残っていた。そんなはずはないので、すぐさま忘れるように脳へ司令。いや、司令を出しているのは脳だ。とにかく脳内から脳内へ業務連絡。そのイメージはすぐさま破棄するように。年をとってきて姿勢が悪くなった(筋力の低下)だとか、その程度の微調整をすることを決意。誤差の範囲とは承知の上。

 

ピクルスの正解

プチトマトがたくさん採れるので、母が一部をピクルスにしてみたという。昨晩、その結果発表。

「すっぱすぎる」

とのこと。えーそうなのか。ピクルスは酸っぱいものだと思うのだけれど。落ち込んでいるので、まずはピクルスの正解を知ろう、とスマホでプチトマトのピクルスレシピを検索。お酢と水、砂糖の割合を言ってみると「それならお酢は(そのレシピに比べれば)少ないぐらいだった。」とのことで、お酢が多すぎる疑惑は解消。でもなぜすっぱすぎるのかは不明。次に「すっぱすぎるピクルス対策」を検索。

結果としては「もう一度甘い味をつけろ」「酸っぱさを生かしてソースなどに使え」の2つのようだ。

ということで母納得。

できたものが今ひとつだと、がっかり度は高い。なんだか無かったことにしたくなる。

買ったものが今ひとつより、作ったものが今ひとつのほうががっかり度としては高い気がする。そしてその量が多ければ多いほどがっかりというか、罪悪感が大きい。「無駄をしてしまった」感があるからだ。

というわけで、ピクルスは挽回の余地があるので、そんなにがっかりしないでほしいと伝えておいたが、今の所がっかり気分が大きいらしく、反応は薄い。