紐好き

紙、箱、布。そういったものは捨てがたい。

そして紐。箱、紙、布についてはとっておいても仕方がないと手放す事が多い。特に箱なんかは「惜しいな」と思いつつ、捨てている。

けれど、紐。紐類を私はどうしてそう思うのか、少しの切れ端のような紐でも糸で編んであるものなどは捨てがたい。お菓子についている分厚い手触りの良いリボンなんかも捨てがたく、取っておいてしまう。

そんなリボンや紐がジップロックいっぱいに溜まっている。幾分か捨てたのにもかかわらず、もう口が閉まらないぐらい入ってしまっている。

昨日。少し前に香木や香料をまぜて作って、部屋においてあったものを袋詰することにした。白檀、樟脳、栂、丁字、山奈、大茴香、甘松、藿香、桂皮の粉。それらを混ぜて紙で作った箱に入れて、部屋の隅においていたのだけれど、思ったほど香りが広がらないので、布の袋に入れて、安眠袋を作ることにした。久しぶりに針を持つと、まったく縫い目が見えないので困ったけれど、誰が見るわけでもなし、部屋で使うものなのでお構いなしに小さい巾着を2つ作る。捨てなければと思っていた小さい布切れを捨てるように避けておいたところから取り戻して。花柄の小さい小布で小さい巾着を2袋。

別に作った白い木綿の小さい袋、それに配合しておいた香料をざっと入れ口を閉じ、花柄の巾着へ入れる。巾着の口はとっておいたリボンを有効活用。これだけためておいて二本使っただけだけれど。いろいろな長さがあって、選べるのでいいか。と思う。

出来上がった安眠袋をベッドの枕元へ置く。

少しだけ余った香料と、香を楽しんでいたときに買ってまだ残っていた沈香の刻んだものを混ぜて、また部屋においた。沈香の香りもやはり良い香りだと思う。焚くと少し興奮するような香りになるけれど、炊かなければ静かに甘みのある落ち着いた香りだと思う。

 

 

 

本を読んでない

以前は電車の中で本を読むことが多かったのだけれど、とにかく覚えなくてはいけないことが多くて、電車や外出中はずっと「覚える」に時間を使っている。

夜、寝る前にも本を読んでいたけれど、今は眠くて眠くて、お布団に入ると、本を読むことができない。

ということで、本を読むタイミングがない。

ということで読みたいな、と思った本が積ん読になっている。

そして、ずっと本を読まなかったので「読めなく」なっている。

急に読もうとすると読めないのだ。歳のせいもあると思うけれど、つまり、少しご無沙汰だたもの、こと、がすっかりできなくなるので、これもその一つだと思う。

 

テレビ見ている時間を減らせばいいのだけれど。つい見ちゃう。

入れ替える

呪術廻戦のアニメが終わってしまった。見られるかなと思って見はじめて最後まで面白く見た。一緒に放送していた「犬と猫」も終わってしまった。結構和んだのに残念。

呪術廻戦はいいところで終わったのかなあ。次があるのかどうかわからないけれど。此のあとがっくりすることが起こるから。

私はアニメを見た漫画はアニメだけを見る派。漫画を読んだものはアニメを見ない派。絵柄が違うから。今回は男性誌(という切り分けが今時あるかどうかはわからないけれど)なので、絵柄がちょっと苦手なのがアニメだとマイルドになっている。

アニメを見たら原作は見ない派なのだけれど、今回少しだけ原作を読んでいる。原作の方は著者が解説のような形で話の途中で出てきてしまったりして、そういうところは少し苦手。説明をしてしまうのはなあとも思う。

 

テレビ番組も入れ替わる季節だけれど。

 

4月になって、すっかり桜の季節でもないな。と4月のカレンダーを見て思った。4月のカレンダーは吉野山図。私はカレンダーを1つは書き込み用のホワイトボード状になっているもの、もう一つは絵がついているもので1ヶ月すすめて飾っている。5月のカレンダーは蔦の細道図。

ベランダの植木鉢の土が古くなっていて気になっていた。土を新しく買い、少し入れ替える。植え替えできなそうなものもあって、なかなかうまく行かない。

久しぶりにハウルの動く城(アニメ)を見ました。おばあちゃん三人が美男を取り合うアニメ・・・。中のひとりは美少女で心の許嫁という話である。なんともはやと思いつつ、おばちゃんたちの頑張りを眺めました。

毎回美輪明宏荒地の魔女が面白い。ハウルは後ろで流れているオーケストラ演奏が好き。

 

 

 

素材好き

紙も好きだが布も好きだ。

家をずっと整理している。色々ともう諦めて処分しようと捨てている中で、マーブル紙や山羊革など、気に入って購入したものの残りが次々と出てきた。もうないだろうと思っていたら、布や山羊革、マーブル紙、和紙、木版の千代紙など出てきて、まだあったか・・・と思っているところ。

だいぶ捨てて、今あるものももう使わないものは捨て、なんとか使えそうな和紙などどうにか使ってみようと思って残している。早く使ってしまわなくては。函にするなり、なにか紙ばさみみたいなものを作るなり、壊れたものを修理するなどして。捨てるよりはブックカバーなどでどんどん使ってしまうのも手だなと思う。マーブル紙はそうやって消費してしまおう。と思う。

布で残っていたもので、バッグに仕立てられそうなものだけ残し、ほかは処分した。ずっと良いものだしどうしようと迷っていたものを今はバッグに仕立ててもらって次々と消費中。バッグなどにするにはむかなそうな柄のものはもったいないけれど捨ててしまう。誰かに譲るには知り合いが居ないし、ネットなどで売るには手間がかかりすぎるので。勿体ない話だなと思う。

そんなふうに処分しているのに、まだ、気に入ったツイード生地などは手元にあり、広げてはうっとり眺めている。イギリスのリントン社のツイードだ。面白い糸が入っていて楽しい柄だったり、もともとツイードが好きなので、広げては可愛いなと思ってみている。今残っているのは六種類もあるので、早くこれもバッグに仕立てきってしまわなくてはと思う。もうものは買わないようにしなければ。と思いながらもやっぱり「かわいいなあ」とうっとり布を見ている。