薔薇

5月のゴールデンウィークが終わったような終わらないような週末。旧古河庭園のニュースに「ついに春バラの見頃に入りました」とあるのを見る。バラかあ。やっぱりバラも良かったかなあ、いやいや、これ以上植木を増やしてはならない。クチナシを買ってしまったではないか、と先週の神代植物公園を思い出す。友達は神代植物公園売店でバラの苗を2つ買ったのだ。私も少し買いたかったけれど我慢して、我慢したのに、結局クチナシの苗を買ってしまったのだ。私によくある、我慢して結局我慢しきれなくて、一番最初のではなくて・・・というのを中途半端な気持ちで買ってしまう。そして後で「あれ、これがすごく欲しかったんだっけ。」と思う。

いや、クチナシの花も見てみたい気がしたのさ。と思いつつ水をあげている。クチナシの苗は10センチぐらいの小さい仮の植え替え用のビニールのポットに入ってその上に仮のプラスチック鉢に入っていた。改めてみるととても小さい鉢だ。もう一回りぐらい大きい鉢に植え替えてあげようと思って裏庭を見渡すけれど、ちょうどいい鉢がない。数年前、鉢植え道具をかなりの数処分したのだ。

子供のころ、とにかくあちこち鉢植えがあり、鉢は適当に転がっていたものだった。今は狙って用意しないないと無い。私が子供のころ、植木、特に鉢植えは庶民の気軽なペット、娯楽だったのだなと思う。今でも、ガーデニングといったものではなくて、玄関先にぽっと置いてある鉢植えなんかがあるけれど、そういう鉢植えみたいなのが庶民のささやかな楽しみといった風情で好ましく、また懐かしく思われる。今も下町を歩いていると、玄関の横に、例えば夏なんかは朝顔の鉢が置いて合ったり、少し夏が進むとほおずき市で買ったようなほおずきの苗がぽっと置いてあったりするのをたまに見つける。あるいはなんだかやたらと増えた鉢が家の周りに置いてあったり。美しいガーデニングよりそちらのほうに親近感と懐かしさを感じる。庭がない家で気軽に鉢植えで植物を飼っている感じ。

不織布で作ったバッグのような鉢に土を入れる。家の鉢をいろいろ処分した身では二度と処分に手がかからないように、陶器などの焼き物の鉢は使わないようにしているのだ。少し寂しいし、見た目もよくないけれど、それがこれからの生活なのかなと思う。クチナシは不織布バッグの中に納まった。あまり大きくならないように、次の剪定を頑張らなければと思う。枝の先にはつぼみ。もう少ししたら咲いてくれるだろう。

 

花粉

5月の連休が終わる。すでに世間では花粉の話題はなくなっているけれど、私は5月はまだ花粉症シーズンなのだ。薬を飲まないと、窓を開けているとくしゃみと鼻水で大変なことになる。

マスク生活が板について、外出時のほうが花粉症の影響がでないぐらい。

マスクは大体二重にしている。そのほうがいいからではなく、顔がかぶれやすいからという事情による。不織布の普通のマスクは顔が擦れてすぐ顔がかゆくなってしまう。しかし不織布のマスクをしろとのお達しがあちこちで出ているので、顔の上にかぶれない柔らかいマスク、その上に不織布マスクと二重にすることになってしまったのだ。はっきりいって暑い。

 

子供の日

5月5日。端午の節句端午の節句で菖蒲湯を使うのは、はじめは女性だったとの話を聞いたことがある。時期的に田植え前か。身を清めたいという気持ちと合わさったものだという。菖蒲の香りはさわやかで、確かに清められそうな気がする。

玄関には少し前から小さい小さい鎧兜の男の子の人形が飾られた。

今年は柏餅も粽もなし。親類の不幸があったのでそれどころではないのだ。東京近郊に住んでいた人で、それでも都内からは小さな旅の距離だ。

普通の三連休最後の日となる。

へこみ

まだへこんでいる。

ということで、砥の粉に水を加えて練ったものに漆を加えたものを、食器の欠けに乗せる。うまくのらなくてなかなか難しいなと思う。へらですくってのせるけれど、乗りすぎたり、へらを離すとき、でっぱりができてしまったり。

へらにつきすぎた漆を小皿のへりで落とそうとしてもうまく落ちなかったり。

なんとか漆を足してまた乾かすことにする。二度ほど磨いてみて、へこみがまだあるのがわかったものなので、足すのは少しだけになったけれど、なかなか進まないなと思う。

一応、一週間ぐらい乾かしてみようと思う。